任意売却が利用できる場合とは

マイホーム購入の際にはほとんどの人が住宅ローンを利用すると思いますが、住宅ローンを完済するまでには長い年月がかかります。
その期間の間には、病気・リストラ・収入減・離婚・相続といった様々な事情によって、住宅ローンを払えない状況になる場合があります。
近年では、このような状況に陥る人が増えています。
住宅ローンの返済ができないので売りたくても、住宅ローンが残っている家は、残債を一括返済しないと売ることが出来ません。
売却したいけど一括返済が出来ない場合には、任意売却をする事ができます。

任意売却は返済が遅れている場合に利用する事ができ、債務を残したまま、抵当権や差押えを解除してもらうのが、任意売却になります。
ですから、返済が遅れていない場合には任意売却することはできません。

住宅ローンの返済は何十年も続くので、その間には色々ありますよね。
私の友だちも、マンションを購入後に離婚をしたから大変だったみたいです。
誰だってマイホームを購入後に離婚なんてするとは思わずに買うけど、人生色々だから、何か起こるかはホントわからないねぇ~